福岡県飯塚市津原見田山で産まれるテトラエッグと、椋本の直売所大村ファームの、テトラエッグにまつわる、いろんな話題を書いてみました。


by oomurafarm

カテゴリ:タマゴ料理( 5 )

ランチに、飯塚市川津のaruk cafeに行ってきました。
ここではテトラエッグを使ってくださっています。
注文したのは、オムレツ。
d0139806_23563868.jpg

卵2個分のふわっふわオムレツの上にデミグラスソースがたっぷり。
おいしくて幸せなランチタイムでした♪

右から、カフェのオーナーの大庭さん、シェフの方、テトラエッグの大村社長です。
d0139806_23565310.jpg

とっても居心地のいいカフェで、ついつい長居してしまいました。
デザートとお店の写真を忘れたので、また行かなきゃ?!

aruk cafe(アルク カフェ)
営業時間 11:00~19:00(オーダーストップ18:00)
定休日:火曜日(休日の場合翌日に振替)
0948-23-5558
飯塚市川津271-2
(川津の交差点から飯塚自動車学校方面へ、ハッピー薬局の次の角、道の右側です)
[PR]
by oomurafarm | 2013-09-05 23:50 | タマゴ料理

卵黄油の効果

しばらくぶりの雨、ほんとうによく降りました!
断続的に局所的な大雨という降り方は、今までになかったような気がします。
おかげで今日は少し涼しくなりました。

先日、農場で作った卵黄油ですが、私も毎日少しずつ飲んで(なめて?)いますが、
気になる変化がありました。
しょうが入り紅茶を毎日飲んでも、なかなか足先までは温まらなかったのですが、
卵黄油を飲み始めてから数日後、足先までポカポカなのに気がつきました。
d0139806_2250985.jpg

沖縄から帰省していた妹がそれを聞いて、飲んでみたいというので、びんごと
あげてしまいました。沖縄には大村ファームないですから。。。

来週は、中学生たちが実習にやってきます。
農場でのいろんな作業の様子をブログにもアップしますので、お楽しみに♪
[PR]
by oomurafarm | 2013-08-24 23:04 | タマゴ料理
たまご屋ですから、今回はゆで卵も一緒に煮てみました!
『竹ジャがたまご』ですかね・・・
d0139806_0315730.jpg


ジャガイモとタケノコを肉じゃがのごとく煮るお料理です。
作り方はとっても簡単!
乱切りのタマネギ、ジャガイモとタケノコを少量の油で炒め、めんつゆで煮るだけ!ゆで卵を煮えているところへ一緒に入れても良いですよ!
タケノコの季節は終わりましたが、来年思い出して作ってみて下さい。


農場のあじさいです。淡い色がきれいです。
このごろは品種改良されたはっきりした色のあじさいをよく見かけますが、このパステル調のあじさいが妙に新鮮に見えます。
d0139806_0411475.jpg


こちらは淡いピンクです。
d0139806_045848.jpg


あじさいの季節が終わると、夏本番ですね!蒸し暑い日々が続いています。夏風邪等にご注意下さい!

テトラエッグ
安全でおいしい卵を食卓に
[PR]
by oomurafarm | 2010-07-07 00:47 | タマゴ料理
このごろよく卵黄油が売れます。有り難いことです。
私の仕事が増え、嬉しい限りです。
家伝薬として伝わる卵黄油は、私がものごころ付くころから祖母が七輪やガスコンロを使って、裏の庭先で煙りまみれで作っていました。ものすごい臭いは、体にも染みついて風呂にはいるまで消えません。
おいしい卵で作ってはいますが、卵黄油は全く美味しくありません!当然ですが・・・


作り方は至って簡単!本日は卵黄100個分です。
卵黄を鉄のフライパンで焼いて焼いて・・・
d0139806_23481674.jpg

炒めて炒めて・・・・
d0139806_23485069.jpg

もっともっと・・・・
d0139806_23501951.jpg

さらにいためて・・・
d0139806_235134.jpg

水分を全て飛ばして・・・
d0139806_23515821.jpg

油をじわじわ引き出します・・・
d0139806_23524794.jpg

ここまで来たらアミで漉し手早く油を絞ります!
d0139806_235338100.jpg


とっても簡単でしょう!ただ、ここまで約2時間、鉄のお玉で常にかき混ぜ&火の番が必要ですが。
ちなみに、家の中では絶対に作らないで下さい!
ちなみに100ミリリットルの卵黄油を採るのに、約20個の卵黄を使います。

肝心の、卵黄油の効能は?って・・・結構色々なのでインターネット等でお調べ下さい!

テトラエッグ
安全でおいしい卵を食卓に
[PR]
by oomurafarm | 2010-05-31 00:06 | タマゴ料理
地元の椋本天満神社では、毎年12月31日深夜から翌1月1日にかけて、新年を祝う除夜祭が行われます。
そこでは、お宮の世話役の方々による御神酒や、椋本青年会のみなさんの年越しそばやぜんざいの振る舞いがあり、地域住民の方々に喜ばれています。
今回の年越しそばは、テトラチキンの鶏ガラスープを使わせてもらいました!鶏ガラスープですので、ねぎとかまぼこの他に、普通のそばと違い、具にゴボウ、人参、椎茸も入れています。

この鶏ガラスープは大村家の秘伝?のスープで、そばの出しの他にも、水炊きやかしわご飯、おでんなどに使っています。
作り方は・・・。
①1羽分の鶏ガラをたっぷりの熱湯にくぐらせ、血抜きをする。
②大鍋に水をたっぷり入れ、①の鶏ガラと薄皮を取った丸のままのタマネギ1個を入れ、強火にかけ煮始める。
③こまめにアクをすくいながら、沸騰する直前に弱火にし、ことことと気長にだしをとる。ここで大事なことは、決してぐらぐらと煮詰めないことです。これが澄んだスープに仕上げるコツです。b>
安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム
d0139806_2127087.jpg

[PR]
by oomurafarm | 2008-01-09 21:54 | タマゴ料理