人気ブログランキング |

福岡県飯塚市津原見田山で産まれるテトラエッグと、椋本の直売所大村ファームの、テトラエッグにまつわる、いろんな話題を書いてみました。


by oomurafarm

<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大変シンプルな内容ですが、我が家のかしわ料理の定番、かしわめし、蒸し卵汁、鶏の煮物(名前がないので一応こう呼ばせてもらいます)があります。

今日は、かしわめしの作り方をご紹介します。

d0139806_23484425.jpg


作り方:写真は1升炊ける鍋に9合分作りました。
①米は洗って30分以上水に浸し、ザルにあげておきます。
②小さく切った鶏肉、細かく刻んだ人参、ささがきゴボウ、細切りにした椎茸をボールに入れ、醤油を米1合に対し20ccの割で入れ、材料に下味をつけておきます。醤油は、薄口でも濃口でもよい。出来上がりの色がちがってきますので、お好みで。ちなみに、この写真は薄口醤油を使用。薄口濃口半分ずつがちょうど良いでしょうかね。
③米と同量の水と②を厚手の鍋に入れ軽く混ぜてふたをし、強火にかけます。
④沸騰して吹きこぼれそうになったら弱火にして15分ほど炊きます。この間、絶対にふたを取ってはいけません。
⑤おろし際に15秒ほど強火にして余分な水分を飛ばします。軽くお焦げが出来ますが、これが香ばしくておいしい。
⑥火を切って、10分ほど蒸らしたら出来上がり。ふたを開けたら手早く全体に混ぜ、ご飯を空気に触れさせます。こうすると、ご飯に艶が出ますし、冷めてもおいしいですよ。
安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-27 23:51
母はひと月遅れ、妹は1日早い誕生日を一緒に祝いました。
ケーキは以前ご紹介した「アルクカフェ」にお願いして作って頂きました。
もちろん卵はテトラエッグです。
シフォンケーキにデコレーションしてもらってます。
普通、フォンケーキをこのようにデコレーションするようなことはないと思いますが、うちの家族はこのケーキが大好きなので、予約して特別に作ってもらっています。
ふんわりとしていても弾力があるスポンジはホントにおいしいですよ!
今日のデコレーションは側面のフォークのひっかき模様がポイントかな!?
パティシエのこだわりが伝わります。
d0139806_23305487.jpg
d0139806_23311794.jpg

安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-24 23:53
本日、椋本の直売所では、午後から卵が売り切れるという事態が起きてしまい、お客様に大変ご迷惑をおかけ致しました。
卵の品切れは昨年12月30日以来の出来事でしたが、こればかりはどうしようもない事態です。鶏はだからといって卵を1日に2個以上は産んでくれないからです!また、日本バボルナ・大村ファームは、卵を冷蔵庫に保存するということをいたしておりませんので、ストックされた卵は一つもないのです。
どんなに世の中が便利になっても、科学が進歩しても、鶏はせいぜい1日に1個の卵を産めば良い方です。私たち養鶏家は、また明日も元気に出来るだけたくさんの鶏たちに卵を産んでもらうために、日々大切に鶏たちを育てる、おもてなしする、しかないのです。
私はだから、鶏のことを『おとり様』と呼んだりしてます。
私たち養鶏家は、おとり様に良い卵を産んでもらえるよう、お仕えしている召使いのようなものです!ホントに。
d0139806_22271612.jpg

安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-22 22:15
今日も朝はとても寒かったですね!このごろは昼間は春の暖かさですが、朝は凍る寒さです。
農場の蛇口は朝の寒さで10時頃まで凍って水が出ないような有様です。
写真はホースからぽたぽた落ちていた水が凍ってつららのように固まった様子です。水が落ちたところがお餅のように丸く凍っているところがわかりますか?
d0139806_132694.jpg


さて、今日(2月21日)の初たまごは63個!朝10時頃までに31個、午後1時からの採卵で29個、その後3時頃までに3個、合計63個でした。
直売所には初たまごを求めてボチボチお客様がお見えになりますが、先日ブログでもお知らせしたように、あるスポーツ関係の方が選手たちのためにと予約されており、明日までに100個程確保しておきたかったのです。そういうわけで、お断りしたお客様、ごめんなさいm(--)m
でも、思いのほか鶏ちゃん達がたくさん産んでくれているので、明日あたりから直売所でお分けできそうです。JAふれあい市やあそう産直コーナーは来週以降には初たまごを販売できる見込みです。お楽しみに!
お値段は、5個入り100円で販売します。ただし売り切れた場合はごめんなさいです!
安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-22 01:28

今日は31個でした!

今日の初たまごの数は31個。昨日の予想にほぼあたっていましたね!社長が明日は50個を予想しています。当たるかな?

朝10時頃までに11個産んでいて、昼2時頃までに18個、それから夕方までに2個で、計31個でした。

鶏は朝のうちに卵を産むものと思っている方もいらっしゃいますが、昼からも産みますよ!

20年ほど前までは、椋本の今の直売所のある場所で、今よりもずっと小規模な養鶏場を営んでいました。
養鶏場のそばの小さな小屋で卵を直売していましたので、鶏の世話をしながら接客もしていました。お客さんが養鶏場の中まで入って来られることもあり、今からすればのどかな時代でした。今なら鶏インフルエンザなどの防疫のため、そのようなことはあり得ないことです。

そのような時代の話ですが、お客さんが卵を買いに来られて卵が売り切れたことがありました。
しばらく待ってもらっているうちに養鶏場の中をひとまわりして、産まれたばかりのまだ温かい卵を採ってきて売ったこともありましたねぇ・・・。今では懐かしい思い出です。

さて、そのころからの常連のお客様は自前のかごや空き箱を持参して卵を買いに来られます。エコロジーでしょ!他には、ザルやボウル、小さなバケツなど、様々でした。
まだ、大村ファームではパックやレジ袋に卵を入れて売るという発想がない時代でしたので、お客様はちゃんと入れ物を持参しないと卵を持って帰れなかったのです!

d0139806_0501988.jpg


安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-20 00:21

卵焼きは甘い方が好き?

我が家の卵焼きは絶対甘い派ですが、だし巻きが好きな方、あるいは塩だけで味付けする方など、色々です。でも、それはきっと子どもの時から食べてきた味が一番好きってことじゃないかと思います。
私の卵焼きはほんのり甘い卵焼き。
卵1個に対して小さじ1杯程度の砂糖、ひとつまみの塩。これが基本です。
写真の卵焼きは卵5個分です。卵焼きは大きく作ってふんわり仕上げるのがおいしい、と思っていますが、みなさんはいかがですか?
d0139806_1322994.jpg

さて、変わった卵焼きを、常連のお客さんから教えていただきました。卵1個に対してマヨネーズをスプーン1杯入れて焼くとふわふわに仕上がることから「ふわふわ卵」と呼んでるそうです。今度試してみようと思います。

さて、初たまごですが、昨日は5個、今日は16個でした!明日は30個ぐらいの予想を立てています。ここ数日はワクワクした毎日を送っています。
仕事は毎日休みはないですが、毎日成長する鶏のを見ることはとても楽しいことです。
安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-19 23:08
朝9時頃3個、午後1時頃3個、午後3時頃、さらに3個発見しました!
9個で約500グラムでした!

d0139806_013078.jpg


9個それぞれに個性があります。
下の写真の一番右は昨年6月生まれた鶏の卵で60グラムほどあります。この9個の卵のそれぞれの大きさや形をご覧下さい!初たまごといえども、小さな卵ばかりではなく、このように大きな卵も産むんですよ!そして、初たまごで、特に大きいものやひょろ長い卵は、1個の卵の中に黄身が2個のものが多く、大村ファームでは、そのような黄身が2個の卵を『双子(ふたご)ちゃん』と呼んでいます。双子ちゃんの詳しい情報は後日紹介します。

d0139806_005176.jpg

安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-17 23:59
朝9時頃、全ての鶏舎の鶏の様子や餌の残り具合などを見て回ります。
初たまごを心待ちにしている鶏舎の鶏たちは、育ち盛りでもあるので『ごはんごはん!!』とせわしなく騒いでいます。もちろん、まだ卵を産んでいないので、産まれた卵を受けるベルトの上はきれいに空っぽの状態ですが、よく目をこらしてみてみると、ぽつんと一つ卵が見えているではありませんか!
昼からもう1個見つかって、今日(2月16日)は2個の収穫でした。

私たち養鶏家は、鶏の習性を利用し卵を産ませて生業にしているのですが、大宇宙の永遠に変わらないように見えるサイクルに支配されていることを、鶏たちから学んでいるように思います。
私たち人間は決して自然(宇宙)を支配することは出来ないのです。自然に支配されその恩恵の中で生きているのだなと、鶏たちが産む卵を見るたびに気づかされます。

ところで、前回のブログの社長の年齢に間違いがありました。正しくは75才です。別に申告しなくても良いようなものですが・・・すみません。

安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム


d0139806_051553.jpg

by oomurafarm | 2008-02-16 23:52
産まれましたぁ!!!お誕生日おめでとう!の気持ちでした。
今日は1個だけでしたが、明日はもういくつか増えていると良いんですが・・・。
写真の一番下が初たまごです。大きさを比較するため、先輩鶏の卵と一緒に写しましたが、一番上が去年の6月に生まれた鶏の大きめの卵で80グラム、真ん中が普通の大きさの卵で60グラムです。今日産まれた初たまごの重さは40グラム。かわいいでしょう!!!
『初たまごを食べると75日長生きする』という迷信(?)を信じて、この卵は一番年長者の社長(74才)が頂きました。
安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム


d0139806_23525434.jpg

by oomurafarm | 2008-02-14 23:59
昨日、卵が届きました。
 非常に扱いやすいパッキング、がっしりとしたケース、卵一つ一つに込められた愛情を感じました。

 早速、生で頂きました。プリンとした黄身は、まさに新鮮そのもの。殻を割った時、くしゃくしゃにならずぱっくりと割れ、まさに産みたてと言う感じでした。
 黄身と白身を混ぜると納豆のようにプルプルになり、今までは飲んでいた生卵が、噛む感覚で味わうことができました。まさに活きている卵ですね。
 ゆで卵、目玉焼き、だし巻きなどなど、楽しみです。

 本当に有難うございました。

 ご商売が繁盛することをお祈りしております。 

 今後とも、宜しくお願い致します。

d0139806_23152871.jpg


岡本さんは神奈川県相模原市で中古フルートの販売店をされているのですが、先月の下旬、フランスのルイロットという素晴らしいヴィンテージフルートの試奏をさせて頂いたお礼に卵を送らせて頂いておりましたら、上記のような素敵なメールをいただきましたので、ご本人のご承諾を得て掲載させて頂いております。
でも、私の方こそ、本当にありがとうございました!
写真は、ぱっくりと割れた卵の殻を私の方で、こんな感じのことを言うのかなと、撮ってみました。
安全でおいしい卵を食卓に
大村ファーム

by oomurafarm | 2008-02-11 23:15